調停不成立から裁判離婚した事例

目次

妻の代理・・・依頼を受けてから離婚が成立するまで約1年5ヶ月(期日9回)

妻 会社員
夫 会社員
子 2人(ともに12歳)

ご相談まで

婚姻期間中,夫は依頼者(妻)に対し些細な事で暴力を振るったり,子どもの態度が気にくわない場合は子どもに暴力を振るっていました。
そのため依頼者と子どもたちは何度も家出を繰り返していましたが,それでも夫の態度が変わらなかったため,完全な別居生活を送ることになりました。
その後夫の側から離婚調停を申し立ててきましたが,調停で夫が暴力を一切否定したため,話合いが進まず調停は不成立となってしまいました。

リベロのサポート

調停不成立後,当事務所が妻の依頼を受けて離婚裁判を起こしました。
裁判で夫は『子どもへの暴力はしつけの一環』などと主張していましたが,裁判官の説得の元最終的には以下の条件で和解離婚が成立しました。

親権
養育費1人につき月5万円
慰謝料約200万円
年金分割1/2
面会交流当分の間 月1回

ご相談予約

新しい一歩を踏み出すあなたを応援します。お気軽にご相談ください。

法律相談料:5,500円/30分

受付:平日9時〜18時

CONTACT

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次