モラハラ離婚をするときに,弁護士を入れた方がいい3つの理由

「もう相手からのモラハラに耐えきれない!離婚しよう!!」と思い至ったとき,あなたは弁護士への依頼を考えますか?
「費用を考えると・・・」「わざわざ弁護士を挟まなくても対処できそう・・・」と思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし,弁護士を挟むことによってあなたが得られるメリットはたくさんあります。
金銭では計れないメリットもありますので,弁護士を入れるべきか迷っている方はぜひこのコラムを参考にしてください。

目次

1 相手と直接やりとりをしなくてすむ

モラハラの加害者を相手にする場合は,これが一番のメリットだと思います。
モラハラの被害者が加害者から離れようと,離婚協議や調停を持ちかけた場合,往々にして加害者は「これを逃すと絶対取り戻せなくなる!なんとか言いくるめなくては!」と今までで一番苛烈な攻撃をしてきます。あるいは泣き落としをしてくる可能性もあります。
今まで相手から度重なる攻撃を受けてきたあなたに,はたしてその全力の揺さぶりを受け止め続けるだけの力が残っているでしょうか。離婚に当たっての自分の要求を伝えきることはできるでしょうか。
その点弁護士は相手の感情に流されることはありません。
どれだけ相手が無茶な要求をしてきても,いい意味で他人事として冷静に対応することができます。
連絡も基本的には弁護士を通してやりとりをすることになるので,あなたは相手の怒りの感情に飲まれることなく,自分の意見を伝えることができるでしょう。

2 相手が大人しくなる可能性がある

自分の配偶者や子どもには強く出ることができても,他人,特に弁護士等には萎縮して強く出ることができないモラハラ加害者はかなり多いように思えます。
あるいは「弁護士に恫喝や泣き落としは通用しないだろうな」と理性的に判断して大人しくなる場合もあります。
そうすると当事者同士が話をするより,だいぶ建設的な話し合いや調停になります。あなたが弁護士をつけたのを知り,相手も弁護士をつければ,さらにまともな話し合いになる可能性が上がるでしょう。

3 法的な観点から的確なアドバイスをくれる

弁護士なので,もちろん,法的なアドバイスもしっかりしてくれます。
適切な婚姻費用や養育費の額の算出から,あなたのニーズに合わせた財産分与の方法まできちんと提案してあなたに説明し,相手に伝えてくれるでしょう。
相手の顔色をうかがって譲歩し,相場より低い基準で離婚を進めてしまうこともないので,着手金や成功報酬の額を考えても結果的にはプラスとなる可能性があります。

弁護士に離婚の交渉を依頼する際に決めておいてほしいこと

モラハラ離婚に限ったことではありませんが,弁護士に依頼をする前に1つ,決めていてほしいことがあります。
それは『自分の譲れない点を決めておくこと』です。

1人1人が考えている離婚までの道のりや,離婚の際に得たいもの・手放してもいいものはそれぞれ違います。「親権はどうしてもほしい」「家や車は手放してもいいから離婚までのスピードを可能な限り早くしたい」「相手が怖いから,絶対に直接やりとりはしたくない」など,千差万別です。もちろん,離婚を考えたばかりの頃は,何が自分にとって大事なものなのかあやふやなこともあるでしょう。
ただ,弁護士はあくまでもあなたの意思を尊重して動く,「法的なアシスタント」であり,「あなたを意のままに動かす指揮者」ではありません。「やっぱりやり直そうかな,やっぱり離婚しようかな」「やっぱり家がほしい」「やっぱり直接話をしてくる」など,あなたの意思がしっかり決まっていないと,弁護士も全力でアシストすることができません。
あなたのこだわり,目標をしっかり弁護士に伝えて,共有しておきましょう。

モラハラ離婚の際に弁護士を入れるメリットをお伝えしてきましたが,いかがでしたでしょうか。
離婚調停や裁判となる場合,弁護士とは数年単位の長い付き合いになることもあります。
弁護士を入れると決めたならば,妥協をせずにあなたのフィーリングに合った弁護士を選ぶようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次