妻の不倫相手に裁判を起こし、慰謝料155万円一括支払いで和解が成立した事例

監修者:弁護士 渡辺秀行 法律事務所リベロ(東京都足立区)所長弁護士

監修者:弁護士 渡辺秀行

 法律事務所リベロ(東京都足立区)
 所長弁護士

目次

夫の代理・・・依頼を受けてから約8ヵ月(期日6回)

  •  夫  会社員
  •  妻  ダンス講師
  •  不倫相手の男性 20代半ば

不貞相手の男性は,依頼者の妻が既婚者であることを知りながら,依頼者が出張の時などを見計らって肉体関係を持つようになりました。
 
妻が自宅のパソコンのインターネットでラブホテルを検索し,画面上から検索結果を消し忘れているのを,依頼者が発見したのをきっかけに,不貞行為が発覚してしまいました。

ただし,この時は,妻が素直に不貞行為を認め,別れることを約束したため,またやり直そうということになりました。

ところが,その後,二人だけの連絡用携帯電話を新たに契約するなどして,依頼者に見つからないように,不貞行為を継続していたため,依頼者は,妻との離婚及び不貞相手へ責任追求をすることを決心しました。

依頼者は,自ら内容証明郵便を送るなどして,不貞相手の男性と直接交渉をしておりましたが,話合いが決裂してしまったため,訴えを提起することを決意し,当事務所が依頼を受けることになりました。

裁判の中で,不貞相手の男性は,不貞行為の前に,依頼者と妻との夫婦関係が破綻したなどと主張しておりましたが,最終的には,155万円を一括で支払うとの和解が成立し,無事解決致しました。

法律事務所リベロ

所長 弁護士 渡辺秀行(東京弁護士会)

特許事務所にて 特許出願、中間処理等に従事したのち、平成17年旧司法試験合格。
平成19年広島弁護士会に登録し、山下江法律事務所に入所。
平成23年地元北千住にて独立、法律事務所リベロを設立。


弁護士として約17年にわたり、「DV・モラハラ事件」に積極的に携わっており、「離婚」等の家事事件を得意分野としている。極真空手歴約20年。
悩んでいる被害者の方に「自分の人生を生きてほしい」という思いから、DVモラハラ加害者との対峙にも決して怯まない「知識・経験」と「武道の精神」で依頼者を全力でサポートすることを心がけています。離婚・DV・モラハラでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律事務所リベロ

所長 弁護士 渡辺秀行

  • 東京弁護士会所属
  • 慶応大学出身
  • 平成17年旧司法試験合格

弁護士として約17年にわたり、「DV・モラハラ事件」に積極的に携わっており、「離婚」等の家事事件を得意分野としている。極真空手歴約20年。
悩んでいる被害者の方に「自分の人生を生きてほしい」という思いから、DVモラハラ加害者との対峙にも決して怯まない「知識・経験」と「武道の精神」で依頼者を全力でサポートすることを心がけています。

離婚・DV・モラハラでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

クリックで応援よろしくお願いします。

ご相談予約

リベロは新しい一歩を踏み出すあなたを応援します。お気軽にご相談ください。

法律相談料:5,500円/30分

受付:平日9時〜18時

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次