夫の控訴を棄却した事例

監修者:弁護士 渡辺秀行 法律事務所リベロ(東京都足立区)所長弁護士

監修者:弁護士 渡辺秀行

 法律事務所リベロ(東京都足立区)
 所長弁護士

目次

妻の代理・・・協議以来を受けてから最終的な判決が出るまで約3年半(調停・裁判期日 合計18回)

妻 会社員
夫 自営業

「自営業の売り上げが悪いから掛け持ちでもう一つ実家近くで仕事を始める。」と別居を提案し,妻もそれに理解を示し,それぞれ自分の実家へと戻ることになりました。しかし上記の理由は嘘で,夫は実家に戻らず不貞相手との同居を開始し,2人の子どもをもうけてしまいました。

妻としては離婚はしたくありませんでしたが,誰も住んでいないマンションの妻名義の住宅ローンを払い続けている状態を負担に感じ,その件を解決したい気持ちで離婚調停を申し立てました。
しかし,住宅ローン問題は解決しないまま調停は不成立に終わり,そればかりか妻が離婚調停を申し立てたこと,別居期間が長いこと,妻との間に子どもはいないが不貞相手との間には子どもがいること等を理由に,夫より離婚裁判を起こしました。

妻としてはあくまでも離婚調停は住宅ローン問題を解決するための手段として申し立てたこと,離婚はせずに住宅ローンを夫婦で負担し,婚姻関係を続けていきたいことを主張し続けました。

 一審判決では,夫の不貞が原因で夫婦関係が破綻していることから夫は有責配偶者であり,仮に妻の側から離婚調停を申し立てていたとしても,「(妻が)1度離婚調停を申し立てたらその後翻意してはいけないということはなく,改めて離婚継続を望んだからといって,信義則に反するということはできない」として,夫からの離婚請求を棄却しました。

夫は,その判決を不服として控訴しましたが,東京高等裁判所でも,「自ら不貞行為に及んだ上,妻に隠れて子まで作り,嘘の理由を述べて別居を開始したという点において,非常に悪質である」,「離婚を認めた場合には,妻は,住宅ローンの負担が続く(自宅マンションを処分しても負債が残る)など,経済的苦境に置かれる」等として,夫の控訴を棄却しました。

法律事務所リベロ

所長 弁護士 渡辺秀行(東京弁護士会)

特許事務所にて 特許出願、中間処理等に従事したのち、平成17年旧司法試験合格。
平成19年広島弁護士会に登録し、山下江法律事務所に入所。
平成23年地元北千住にて独立、法律事務所リベロを設立。


弁護士として約17年にわたり、「DV・モラハラ事件」に積極的に携わっており、「離婚」等の家事事件を得意分野としている。極真空手歴約20年。
悩んでいる被害者の方に「自分の人生を生きてほしい」という思いから、DVモラハラ加害者との対峙にも決して怯まない「知識・経験」と「武道の精神」で依頼者を全力でサポートすることを心がけています。離婚・DV・モラハラでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律事務所リベロ

所長 弁護士 渡辺秀行

  • 東京弁護士会所属
  • 慶応大学出身
  • 平成17年旧司法試験合格

弁護士として約17年にわたり、「DV・モラハラ事件」に積極的に携わっており、「離婚」等の家事事件を得意分野としている。極真空手歴約20年。
悩んでいる被害者の方に「自分の人生を生きてほしい」という思いから、DVモラハラ加害者との対峙にも決して怯まない「知識・経験」と「武道の精神」で依頼者を全力でサポートすることを心がけています。

離婚・DV・モラハラでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

クリックで応援よろしくお願いします。

ご相談予約

リベロは新しい一歩を踏み出すあなたを応援します。お気軽にご相談ください。

法律相談料:5,500円/30分

受付:平日9時〜18時

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次