相手の配偶者から不倫関係を疑われ裁判を起こされたが、請求棄却することができた事例

目次

不倫関係を疑われた男性の代理・・・依頼を受けてから解決するまで約1年半

  • 不倫関係を疑われた男性・・・30代半ば、会社員 
  • 妻  専業主婦
  • 夫  会社員

相談に来られた男性は、携帯電話のコミュニティサイトで知り合った既婚女性及びその子供達と一緒に出かけたり、お互いの家を行き来していたことなどから、不貞関係を疑われ、その女性の夫から300万円の慰謝料を求める裁判を起こされました。

判決では、二人はかなり親密な関係にあったことは窺えるが、一緒に泊まったりしている現場に子供達が居合わせていたことも考慮すると、不貞関係に及んだと推認できないと判断され、無事勝訴(請求棄却)することが出来ました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次