夫のギャンブル・酒・不倫が原因で別居生活8年後に裁判から和解離婚した事例

ギャンブル画像
目次

依頼を受けてから和解離婚が成立するまで約1年

  • 妻 会社員
  • 夫 公務員
  • 子 3人(二人は成人し、一人は17歳)

夫はギャンブルが趣味で,ギャンブルのために多額の借金をしたり,妻が生活費として貯めておいたお金や子供達のお年玉を使い込んでいました。

また,酒に酔った勢いで、妻や子供達に暴力を振るうこともありました。

夫の不倫が発覚したことなどがきっかけとなって,別居生活を送るようになり,相談に来られた時には別居後約8年を経過していました。

調停では話がまとまらず,離婚裁判に移行しました。
裁判の途中で和解の話になり,最終的には以下の条件で和解離婚が成立しました。

親権
養育費月15万円
財産分与妻→夫 名義の自宅不動産の全持分及び将来の退職金のうち250万円
解決金夫→妻 約1000万円
年金分割1/2

監修者情報

法律事務所リベロ

所長 弁護士 渡辺秀行(東京弁護士会)

特許事務所にて 特許出願、中間処理等に従事したのち、平成17年旧司法試験合格。
平成19年広島弁護士会に登録し、山下江法律事務所に入所。
平成23年地元北千住にて独立、法律事務所リベロを設立。


弁護士として約17年にわたり、「DV・モラハラ事件」に積極的に携わっており、「離婚」等の家事事件を得意分野としている。極真空手歴約20年。
悩んでいる被害者の方に「自分の人生を生きてほしい」という思いから、DVモラハラ加害者との対峙にも決して怯まない「知識・経験」と「武道の精神」で依頼者を全力でサポートすることを心がけている。

法律事務所リベロ

所長 弁護士 渡辺秀行

  • 東京弁護士会所属
  • 慶応大学出身
  • 平成17年旧司法試験合格

弁護士として約17年にわたり、「DV・モラハラ事件」に積極的に携わっており、「離婚」等の家事事件を得意分野としている。極真空手歴約20年。
悩んでいる被害者の方に「自分の人生を生きてほしい」という思いから、DVモラハラ加害者との対峙にも決して怯まない「知識・経験」と「武道の精神」で依頼者を全力でサポートすることを心がけている。

クリックで応援よろしくお願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次