離婚条件がなかなか折り合わなかったが時間をかけて和解離婚を成立させた事例

弁護士
目次

依頼を受けてから和解離婚が成立するまで約15ヵ月(期日12回)

  • 妻 会社員
  • 夫 専門職
  • 子1人(3歳) 

夫は,口論の際,激怒し,妻に,手拳等で顔面や身体に殴る蹴るなどの暴行を加え,全治3週間の傷害を負わるなどしたため,妻は,子供を連れて逃げだし,夫と別居生活を送っていました。

離婚裁判では,双方離婚については,合意しているものの,慰謝料の金額や面会交流の方法等で折り合いがつかず,12回も期日が開かれることになりました。

DV事案ということもあり,裁判官にも,面会交流について,種々の配慮をしてもらい,最終的には,次の条件で和解離婚が成立しました。

なお,養育費の額に関しても,双方の収入から算定される標準的な金額に1万円上乗せした金額で合意することが出来ました。

親権
養育費15歳まで月5万
15歳から大学卒業まで月6万
解決金夫→妻 300万円
面会交流第三者機関を利用(回数,方法等についても,細かく取り決め)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次