DVは身体への暴力だけじゃない!5つのDVの種類について

DVとは「ドメスティック・バイオレンス」の略称で,主にカップルや配偶者間などの親密な間柄に発生する暴力のことです。
DVと聞くと,まず殴る・蹴るなどの身体的な暴力が思い浮かびますが,DVは大きく5種類にわけることができます。

目次

①身体的暴力

一番イメージしやすいDVです。
殴る・蹴るはもちろん,火傷を負わせたり,ビンタをしたり,相手に向かって怪我をするようなものを投げつけることも身体的暴力に分類されます。

②精神的暴力

大声で怒鳴りつけたり,逆に無視をする,相手の人間関係を過剰に束縛したり,相手の大事にしているものを壊すことなどが精神的暴力として挙げられます。
「モラハラ」とも呼ばれることがあります。

③性的暴力

拒絶している相手に性行為を強要する,妊娠を望んでいないのに,避妊に協力せず性行為を行う,その結果妊娠をしてしまったら中絶を要求することなどが性的暴力にあたります。
見たくないのに無理矢理ポルノ画像や動画を見せようとすることも性的暴力となる場合があります。

④社会的暴力

相手の交友関係を制限し,社会的に孤立させる行為のことです。
実家に戻らないように強く言いつけることも社会的暴力にあたります。

⑤経済的暴力

自分の給与明細を見せない,生活費が足りないと訴えても渡さない,配偶者の収入や貯金を巻き上げ浪費するなどの行為が経済的暴力です。
また,働きたいと思っているのに働かせないことも経済的暴力とされます。



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次